ミッドナイト・ミートトレイン 真夜中の人肉列車 著:クライヴ・バーカー

 どんな本?

f:id:the_level_seven:20190309202143p:plain

 表紙と題名のインパクトが強烈なこの本は、クライヴ・バーカーによるホラー短編集「血の本」シリーズの1冊です。表題作「ミッドナイト・ミートトレイン」を含む5作品が収録されています。

内容と感想は?

 感想は、ものすごく怖いホラーや読んでられないほどのグロ・スプラッターというよりも、不条理感・意味不明感のある作品が多い、というものでした。

スプラッターやグロ描写が苦手な人でも読めます。

5作品のうち、特に面白かったのは2作目の「下級悪魔とジャック」そして、5作目の「丘に、町が」の2つ。

下級悪魔(地獄大学卒)vs 鈍感男:下級悪魔のジャック

 魔王庁の命令で、ジャック・ポロという男につきまとうように命令された下級悪魔。ジャックはキュウリの輸入販売をする平凡な男、そんな彼に付きまとう命令に疑問を抱きながら、下級悪魔は彼を発狂させる、または廃人同様にするために様々な工作を行います。

鍵を開けられないように妨害したり、ランプを揺らしたり、彼につきまとってシャワーで卑猥な言葉を浴びせたり…

「これが一番効き目がある、と悪魔たちは地獄大学で教わったのだ」とのことですが…

ショボい… そして、地獄大学って…

怖い、というより完全に笑えます。

しかし、ジャックは、何があっても(妻が浮気をしたときも)ケセラセラと一切動じない「超鈍感男」なのです。

そんな彼を狂わせようと頑張る下級悪魔、とここまではコントと言っても良いですが、実はジャックが超鈍感を貫くのは「ある理由」があって…

と続いていきます。

怖いか? というと怖くないですが、とても面白い短編です。

壮大に意味がわからない:丘に、町が

旅行中のゲイカップルが、男も女も、ありとあらゆる人が死んでいる、という大惨事に遭遇します。

お揃いの服を着て、互いにロープやベルトで体をつなげた大勢の人間たち。

カップルは知るよしもありませんでしたが、近くの二つの町、ポポラックとポジュエヴォの住人がその体を使って巨人を作り、対決していたのです。

???

まあ、そうゆうことです。とにかく壮大ですが、さっぱり意味がわかりません。

子供が巨人の歯となり、大男が巨人の足となり、疲労や重さに耐えきれず次々とその構成要素(住人)が死にながらも動き続ける巨人。

この意味のわからなさと巨人のインパクトが強烈な短編です。

ビルの屋上や廃墟、下水道を探検したい貴方のために | Access All Areas

今回は新カテゴリー「洋書」です。

Access All Areas ってどんな本?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NKN927KQL._SX380_BO1,204,203,200_.jpg

正式タイトルは Access All Areas a user's guide to the art of urban explotation、日本語に訳すと「全面通行許可 都市探検の技術についてのユーザーズガイド」でしょうか?

「立ち入り禁止」を行く、という本の中で時々登場したので気になって購入しました。

著者はNinjalicious 氏。これは彼のペンネームで、Ninja + licious。
まあつまり、ニンジャ依存症、探検とかやめられないぜ、的な意味なのでしょう。

だいたい200ページぐらい。都市探検や建築関連の用語が出てきますが、あまり難しくない本です。現在、日本語訳はされていません。

内容と感想

「都市探検」とはなんぞや?

 「廃墟好き」が一定数いることは知られていますが、「都市探検」という言葉を聞き慣れている人はいないでしょう。

 都市探検とは、工場見学のように都市のあまり知られていない部分を知ることですが、さらに、廃墟探索、roof topping(ビルや橋の屋上、頂上に登る)やparty crashing(招待されていないパーティーに潜り込む)などかなり危険な行為まで幅広い「人工物を探検すること」を指すようです。

Access All Areas の内容

Access All Areasは、都市探検のうち、さらに infiltration(侵入)を行う、つまり、ある場所に、破壊や偽の身分証を作るなどの違法行為を伴わずに入る、ためのガイドブックです。

例えば、abandoned sites(廃墟)やactive site(現役の建物)、排水管や共同溝など様々な場所へ入るにあたっての注意点が書かれています。

曰く、排水管探索の前には天気予報に注意しろ、雨水管は比較的安全だが、汚水管はそうではないなど…(ちなみに日本は汚水と雨水を同じ「下水」として処理しているようで侵入の際はお気をつけて)

ただし、泥棒の役に立つようなことは書いてありません。

もちろん、本書に紹介されている行為のうちいくつかは、日本では「違法」とされることもありますし、外国と日本では様々な事情の違いがあり、一概に「役に立つ」とは言えません。

 自分たちが暮らしている街でも、少し目線を変えれば気づかなかったこと、知らない場所がたくさんある。探検できる世界、は地球の果てではなく、案外、足元や見上げた上にあるのかもしれません。

 

【感想・ネタバレ】移動都市/モータルエンジン

-暗い荒れ模様の春の午後。ロンドンは小さな岩塩採掘都市を追いかけて、旧北海の日上がった海底を疾走していた。-

 

どんな映画?

www.youtube.com

60分戦争で世界が荒廃したの後の地球、キャタピラや車輪の上に乗った都市が他の都市を喰う「都市ダーウィニズムの時代」、巨大移動都市ロンドンに一人の暗殺者が忍び込む…

 フィリップリーブ原作のSFファンタジー小説「移動都市」を実写映画化。ロードオブザリングなどで有名なピータージャクソンが脚本・製作、とのことです。ロードオブザリングやファンタジー系作品で名前をよく聞くピータージャクソン製作、とのことで大規模公開されるのかと思いきや、意外と公開館数が少なくてびっくり。

登場人物は?

トム・ナッツワッシー:ナッツワッシー君はロンドン史学ギルドの下級見習い。飛行船を操縦できます。演じるのはロバート・シーハン。(私と同じ左利きです。)原作では美少女とアウトランドを冒険する妄想をします。親近感が持てますね!

ヘスター・ショウ:顔に傷のある少女。シュライクに育てられ、ヴァレンタイン暗殺を目的にロンドンに忍び込みます。演じるヘラ・ヒルマーは日本公開作がなくあまり情報がありません。

アナ・ファン:赤い飛行船ジェニ・ハニヴァーを操ります。サングラスや服装がマトリックスみたい。

シュライク:60分戦争後の戦乱期に死体から復活した兵士「ストーカー」の最後の生き残り。ターミネーター的なやつです。ヘスターの育て親でありながら、彼女を殺すために追いかけてきます。演じるのは映画「アバター」の大佐役で有名になったスティーブンラング

ヴァレンタイン:元スカヴェンジャーで現在はロンドン史学ギルド長に出世します。

キャサリン:ヴァレンタインの娘。ロンドンの上流階級の美少女です。可愛い。可愛いだけでなく行動力もあります。

ヴェビス・ポッド:下層階級のエンジニア。ダストシュートに落ちるところに遭遇したことからキャサリンに接近することに…

ストーリー解説

都市は動く! いいね?

https://www.syfy.com/sites/syfy/files/styles/1200x680/public/2018/12/mortalenginescities.jpg

Universalの地球が60分戦争仕様になっています。と同時に60分戦争で地球は荒廃、古代人が移動する都市を作ると語られます。
ハリーポッターが魔法を使えるように、都市は動く! いいね?
都市が動く意味なくね? とかは言わないことです。原作でも戦争後は地震や火山、津波などが多発して都市ごと移動する意味がそれなりにあったけど、もう動く意味なんてない、とあっさり言われています。
ロンドン襲来とともにバラけて逃げようとする都市たち。ここ、屋台まで折りたたみ式になって収納されるのが笑えます。んで、結局、ヘスターの乗る都市はロンドンに捕まるわけです。

大英博物館の下級見習いトムは美人を案内してウッキウキになっています。ここで、60分戦争で使われた超兵器「メデューサ」について紹介されます。ロンドンが都市を捕食したため、それを解体する「ガット」に行くよう命令されるトム。そこで彼は憧れのヴァレンタインに遭遇。彼の暗殺を試みるヘスターを捕まえようとします。その時、ヘスターのヴェールがずれて、顔の傷があらわに… 彼女はダストシュートに落下、一方のトムは追いついたヴァレンタインに突き落とされてしまいます。

ネタバレと批評

設定や映像は良し。ただ、原作の魅力が少なくなりすぎている。

移動する都市、という英国面とんでも設定が魅力的です。様々な形の移動する都市のビジュアルやロンドンの細部、キャタピラ跡の残るアウトランド、飛行船や「盾の壁」要塞の映像はとても良いですね。ただし、原作からの改変要素がちょっと問題です。

問題点1:善・悪をはっきり分けてのストーリー整理

 原作はロンドンが「悪」で反移動都市側が「善」という対立にはなっていません。ロンドンですら、さらに巨大な移動都市パンツァー・シュタット・バイロイトの前では食われる存在です。燃料切れで停止した巨大都市が他の弱小都市群に襲われるなど、移動する都市も「動かないと死ぬ」的状況にあることがわかります。
 登場人物に関しても、ヘスターは冷酷で自己中心的な暗殺者かつ頭の回転が早い少女、ヴァレンタインは超兵器をロンドンに持ち込んだ一方、娘思いで、彼女の言葉をから自分の行いを後悔していたりします。トムも憧れのヴァレンタイン像とヘスターの語る冷酷なヴァレンタイン像の間で揺れ動き、反移動都市を守るため、とは言え、故郷であるロンドン爆撃作戦には強烈に反対しています。(第一彼は反移動都市同盟に対して野蛮な考え、という意見を持っています。)原作はロンドンと超兵器メデューサを中心とした群像劇的で、映画にまとめるにはストーリーの整理が必要ですが、その時に原作の人間が持つ2面性、をも整理してしまったのはとても残念です。

問題点2:へスターが普通に可愛い

https://assets.change.org/photos/6/mf/ov/yAmFovehubtTEul-800x450-noPad.jpg?1513790556

 これ、映画の予告編公開時点で色々と話題になっていました。画像はインターネットのキャンペーンサイトからです。原作版ではかなりひどい傷である描写がなされています。ヘスターのスカーフが外れて、初めて顔全体が見える場面。「ああ、なんとひどい傷!」と観客に感じさせないといけない場面なのに、そうなってません。中盤、奴隷市場で売られそうになる場面がありますが、ヘスターの前に老婆が売られ、続いてへスター。「見た目は悪いのでお安く…」みたいに紹介されますが、さっきの老婆に比べれば全然美人だよ!

問題点3:アクションシーンを増やしたために流れに問題ができた

https://static3.srcdn.com/wordpress/wp-content/uploads/2018/12/Hester-and-Tom-in-Mortal-Engines.jpg

 まず、最初のガット内部の追いかけシーン。なんでトムがドリルやチェーンソーの間をくぐり抜けて、命がけでヘスターを追いかけるのか、がわかりません。
 原作でもガット内を逃げていますが、あくまでも通路の上を逃げています。だからこそ、トムの冒険ができる(多分、ヴァレンタインの娘にモテるきっかけになる)! 美少女暗殺者を追いかけてる! という本当にしょうもないきっかけの追跡劇が成立するわけです。

 続いて、先ほども紹介した奴隷市場のシーン。映画ではヘスターを高額で買い取ろうとするアナファン、懸賞金目当ての奴隷商人とアナのアクションがあって、その後二人が逃げるという流れです。孤児だから助けた、とのことですが、なんでヘスターに目をつけたの? ってなりません?
 原作では奴隷市場で売られる、とわかった二人が都市の壁を蹴破って逃げ出し、逃げる途中でアナに出会う、という流れです。こっちの方が自然だし、この場面はヘスターちゃんの貴重なデレシーンなんです。(大声)

 全体のアクションシーンは増えていますが、そのせいで流れに無理がある、というかなんというか…

問題点4:メデューサ描写と結末

 まず、超兵器メデューサの威力が超兵器に見えません、60分戦争時にメデューサが都市を一撃で破壊する映像を冒頭で見せられるので尚更です。あと、原作では「なんかすごい古代兵器を復活したらしい」ぐらいの情報なんですが、映画ではメデューサについて詳しいトムがいます。空中艦隊はもっと分散しろ!
 
原作の通り、パンツァー・シュタット・バイロイトを出して、ロンドンが生き延びるための必死の逆転兵器としての側面があることを示しながら一撃で全てを破壊する超兵器描写をすればいいのです。
 続いて結末のところ。完璧に「ファントム・メナス」です。エンジンみたいに大事なものを格納庫におくな! 実はこのエンジン描写は原作準拠ですが、原作は違う方法でロンドンが停止するので原作ではあまり気になりません。
 ロンドン停止後の反移動都市側がとる行動も「そうなるか?」感が多いです。
敵とは言え、人を殺してしまった。という罪悪感や故郷を破壊しなければならない苦悩などトムの共感できる部分が大きく減っています。

そのほかにも、元が群像劇的であったところを微妙に入れるせいで、シュライクとヘスターの複雑な関係やキャサリンとヴェビスの活躍などが描写し切れていません。

まとめると…

 動く都市を見るなら素晴らしいです。もう一度みる? と言われれば見るかも。
 原作を読め!

 

 

山椒魚戦争 著:カレル・チャペック

-山椒魚総統はみなさんに協力を要請する。みなさんの世界を解体するため、われわれと協力していただきたい-

どんな本?

 チェコの小説家カレル・チャペックによるSF小説。私が読んだものは岩波文庫(赤)で定価770円。

本のあらすじ

山椒魚の発見

 赤道直下の島タナ・マサ島の「魔の入江」で2本足でたち、子供のような手をもつ真っ黒な怪物が住んでいた。真珠を探す船長ヴァン・トフはこの「魔の入江」にすむ怪物こと山椒魚と遭遇し、彼らに真珠を採らせ代わりにナイフを渡す、という交易を始める…

「労働力」としての山椒魚

 知性を持ち、言葉を話し、道具を使うものの、おとなしい性質の山椒魚は疲れを知らない労働力や水中工事など様々な労働を肩代わりし始める。世界中に輸出された山椒魚は人間の文化や文明に大きな影響を与えるようになる。

山椒魚戦争

 人間社会に山椒魚が欠かせないものとなり、反山椒魚運動などの反対もありながら、山椒魚は世界中で労働力として使われるようになり、その総数は人間の数をはるかに超えた。しかしある時、ルイジアナ州や中国で地震が起こり、土地が沈没する、という事件が起こる。災害でパニックとなる人類にチーフ・サラマンダーからの連絡が入る…

感想

 現代SFの古典、という本書の紹介は古いんだか新しいんだか…
カレル・チャペック氏は「ロボット」という言葉を作った人(本人は兄が作ったといっているが)として知られており、山椒魚戦争は現代で言うところの「ロボットやコンピュータが反乱を起こすSF物」になるのでしょう。
 人類と敵対しているわけではないただ、住む場所を増やしたいのだ、と言う山椒魚側の言葉は、人間に攻撃されたと勘違いして反乱を起こす、といったような理由よりはるかに不気味な気がする。
 また、山椒魚なしではやっていけなくなった人類文明は山椒魚と戦争を続けながら一方で山椒魚側へ物資を供給し続けなけらばならない、と言う皮肉な事態に陥ってしまうところも、鋭い文明批判になっている。
 

 

潜航指令 証言 -北朝鮮潜水艦ゲリラ事件- 著:李光洙 訳:辺真一

-問題は江陵から38度線まで80キロ近くあることだが、夜間泳いで日中は陸に上がって隠れて休養をとる、というパターンを2、3日繰り返せばいけそうな気がした。-

どんな本?

 北朝鮮の潜水艦が韓国の江陵で座礁し、武装した工作員・乗組員が韓国に上陸、約2ヶ月間、韓国国内を逃走し小説「宣戦布告」の元ネタとなった事件「江陵浸透事件」。事件に関わった工作員で唯一逮捕され、その後、転向した李光洙氏が自身の派遣から逮捕、転向までを証言したノンフィクション。

どんな内容?

 李氏は、潜水艦乗員(戦闘員・予備案内人)として作戦に参加。潜水艦が座礁し、18日未明に上陸。翌日の19日、逃走中に通報により逮捕される。
 逃走中、そして逮捕後に彼が知ることになった、高速道路を車が頻繁に行き交い、女性が車を運転し、山奥の民家に電話がある、という韓国の実像は、祖国北朝鮮で教えられてきたものとは全く別のものだった。このことに南の人民は飢えている、韓国は貧しい、と教えられてきた彼は衝撃を受ける。韓国の実情を知らなかった筆者がその実態を知って衝撃を受ける場面の連続はなかなか面白い。子供の頃から教えられ、さらに外国の情報を知ることもなく育つと、これまで見聞きしたものがどれだけ嘘にまみれていても疑うことなく信じてしまう。ジョージ・オーウェルの「1984年」にも独裁を成立させる要素の一つとして、他国の情報を入れないこと、が出てくる。教育と情報の重要性、また、北朝鮮人から見た韓国、という珍しい視点を楽しめる。

 

 

【映画・感想】アメリカン・スナイパーと「ネイビーシールズ最強の狙撃手」

人を殺すのもそれが職業になればそのやり方に創意工夫を凝らすようになる。戦闘では、できるだけ強力な武器を投入したくなる。また、敵を倒す新しくて独創的な方法を、あれこれ考えるようになる。「拳銃で殺してなかったか? それじゃあいっぺんやってみるか」

どんな映画、本?

 アメリカ軍史上最多の160人という狙撃記録を持ち、敵からはラマディの悪魔、として恐れられたスナイパー、クリス・カイルは、戦場では特殊部隊兵士であり、アメリカに帰れば子供と妻を持つ父親でもあった…
 アメリカ軍特殊部隊の狙撃手クリス・カイルの自伝「ネイビーシールズ最強の狙撃手」を基にした戦争映画。

映画、本の内容、みどころ

 映画に関しては、狙撃兵としての狙撃、海兵隊とともに屋内への突入、オリンピック出場経験のある的狙撃手「ムスタファ」との対決、敵に囲まれた状態からの脱出など、戦争映画としての見所は多い。そして、戦場で殺害数を重ねて「伝説野郎」とあだ名される一方、アメリカに帰国した後も戦闘時の記憶がフラッシュバックする、謎の高血圧に悩まされる、妻のタヤに「心は戦場から帰ってきていない」と言われるなど、家庭に帰った後も戦場でのストレスに悩まされる姿を描いている。
 一方の自伝「ネイビーシールズ最強の狙撃手」(以下「最強の狙撃手」)では、本人の戦場での体験を中心にしており、家庭に関する描写はあまり多くない。読み手としては、戦場にいる時の方が生き生きしているような感じすら受けるが、そうでなければ特殊部隊の隊員は務まらないのだろう。映画の冒頭で手榴弾を投げようとした子供と母親を狙撃する場面があるが、「最強の狙撃手」ではこの母子を含めて自分が殺害した敵については、「そうしなければ味方が殺されていた」、「殺害について後悔したことはない、神の前でもその理由を説明できる」と書いている。映画ではこのあたりの心理をうまく描けているか、というと少し微妙な感じはする。もっとも、ビーチボールに掴まって川を渡ろうとする敵のビーチボールを撃ち抜いていき、敵が残りのボールを奪いあう様子を見て「楽しかった」というシーンなんか、映像化したら問題になりそう。(笑)
 これらの戦場を楽しんでいるかのような描写を強調すれば、クリス・カイルはそれこそ本当の「悪魔」として描かれてしまうだろうし、本人も「戦場に行ったことがなければ人の死や戦場で見たことについて冗談を言ったり、笑ったりするのは理解できないだろう」と書いている。戦場と家庭を行き来する兵士の姿に重点を置いた映画と、自身が体験した戦闘について、自身の考えや感情をありのままに書いた自伝、両方を読み、見ることをお勧めする。

こちらもどうぞ

the-level-seven.hatenablog.com

the-level-seven.hatenablog.com

the-level-seven.hatenablog.com

the-level-seven.hatenablog.com

 

 

 

 

米軍が恐れた「卑怯な日本軍」 帝国陸軍戦法マニュアルのすべて 著:一ノ瀬俊也

どんな本?

 地雷や手榴弾を使った仕掛け兵器、夜襲や狙撃、投降したふりをして騙し討ち… 現場の兵士が創意工夫で生み出した罠になんと「対空地雷」まで。
米軍が作成したマニュアル「Punch Blow the Belt」(ボクシングでベルトの下を攻撃すること、だまし討ちという意味があるそうです)を元に、米軍が恐れた日本軍の「卑怯な戦い」を明らかにする。

どんな内容、感想は?

 第1章では、米軍マニュアルをもとにして地雷や手榴弾のような「罠」や死体や一般人、米兵になりすましての騙し討ち、など、米軍が恐れた日本軍の「卑怯な」戦い方について解説する。マニュアルの解説と同時に、各所で米兵や日本兵の回想録を引用し、実際の戦闘で、双方がどのように戦い、相手の罠、だまし討ちに対してどのような感想を持ったかが書かれている。
 米軍の日本兵評もあり「偽装が巧みで、絶対に命令に従い、怪我や病気をしていても死ぬまで戦い、忍耐力とスタミナは最も厳しい状況に耐える」とする一方で、厳しく育てられたせいで、自分自身のために考える力がない、一旦作られた計画に固執して、状況が変化しても自発性や創造性を発揮できない」と書かれている。(耳が痛いね。)
 卑怯な戦い方以外にも、日本軍の夜襲や狙撃、陣地への潜入についても書かれている。木を叩いたりして人数を多く見せたり、機関銃っぽい音を出して混乱を誘うなど、一見バカバカしく見えるけれど、戦場の緊張下ではこれが有効なんだねぇ。
 第2章、第3章では、日本が米軍に仕掛けた「罠」や騙し討ちのような対米戦術をどのように構築していったかを学ぶため、中国戦線、南方戦線での日本軍の戦闘の変化を追っていく。一般に言われるような日本軍の「銃剣突撃重視」「白兵、精神主義」が実はそうではなく、軽機関銃を重視していたこと、しかし、中国戦後に陸軍が想定していた「対ソ連」の戦術として、物量で勝るソ連に対して、「精神主義」的な側面が見え出すことがわかる。前に書いた、「各国陸軍教範を読む」も合わせて読むと、面白いかもしれない。

the-level-seven.hatenablog.com

 第4章では、日本軍の仕掛け兵器について。地雷や手榴弾を使用した仕掛け、砲弾を再利用した地雷などが登場する。極め付きは「対空地雷」。嘘だと思うかもれないけど読めばわかるから。

 日本軍の仕掛け兵器、狙撃や騙し討ちについて解説されているだけでなく、戦中の日本軍戦術の変化についてもわかりやすく書かれている。マニュアルだけでなく、回想録などで実際の戦場で兵士が体験した感想も合わせて書かれているのが非常に良い。本書中に登場する回想録は米側のものも、いくつかが日本語訳されて出版されているので、それらを読むときも参考になるだろう。

こちらもどうぞ

the-level-seven.hatenablog.com 

the-level-seven.hatenablog.com

the-level-seven.hatenablog.com

the-level-seven.hatenablog.com